カテゴリ:韓国旅行( 52 )

駱山(ナクサン)公園から壁画村

韓国旅行のレポート、だらだらとひきづっておりましたが、最終です。

最終日もロケ地散策。

駱山公園
 駱山公園」は、小劇場が集まる大学路(テハンノ)の後方の小高い丘の上にあり、
 ソウルのモンマルトル」とも呼ばれています。
 「パリの恋人」、「カインとアベル」、「火の鳥」新しくは「華麗なる遺産」、「屋根部屋の皇太子」
 などのロケ地として脚光を浴び、今や、デートスポットとして人気があります。
d0026817_20493313.jpg


 見晴らしの良いこと。ソウルの夜景が見てみたい。
d0026817_20495252.jpg

梨花洞壁画村


劇場が多く集まる演劇の街・大学路(テハンノ)から駱山(ナッサン)公園の方へ進むと出てくる梨花洞(イファドン)。数多くの芸術作品が展示されている「路上美術館」が広がります。「駱山プロジェクト」という正式名称の「路上美術館」は、2006年9月に文化観光部の生活環境改善事業の一環として始まりました。タルトンネと呼ばれていたこの地域に多くの人たちを誘致し、様々な芸術文化に触れられる街として再生するのがこのプロジェクトの目的です。約70人の作家と子どもからお年寄りまでの住民による約80個もの作品が、坂の上にキャンバスを広げたように、街に溶け込みながら展示されています。コネスト参照


駱山公園から坂道を下るとアートや壁画が見えてきました。

d0026817_2134081.jpg



d0026817_2172727.jpg


角度によってはバイクに乗っているように見えるとか。
d0026817_2175133.jpg



d0026817_21325910.jpg



d0026817_2119149.jpg



d0026817_21191518.jpg



d0026817_2119311.jpg


時々絵が変わるようです。
d0026817_21194485.jpg


ここはタイル張りになるようで、工事中でした。
d0026817_21204643.jpg



d0026817_2121397.jpg


写真を片手にスプレーで描いていました。凄い!!
d0026817_21215156.jpg

まだまだ沢山ありましたが、この辺で終りにします。
by cosumosu52 | 2013-11-17 21:29 | 韓国旅行

MBC ドラミア

ソウルから車で約一時間ほどの所にある、ここはMBC 史劇オープンセット場。
約43万坪という丘陵地帯にドラマのセットが無数と建っていました。
そのスケールの大きいこと、景福宮などは実物大なのではと思うほど。

d0026817_2038439.jpg



d0026817_20383072.jpg


善徳女王、イサン、シンドン、チュモン、トンイ、馬医、アラン伝道師、美人図、霧花店、等々。
壮大なスケールのドラマセット場でした。

d0026817_20502656.jpg


紅葉が綺麗でした。
d0026817_20504355.jpg


人間が入るとその大きさがわかると思います。
d0026817_2051444.jpg


室内テーマパークには衣装などが展示してあります。
ここは善徳女王関係の衣装
d0026817_2051186.jpg


これはイサンの衣装です。これを着たイ・ソジンは素敵でした。
d0026817_20521583.jpg



d0026817_20555786.jpg


紅葉が綺麗
d0026817_20561965.jpg



d0026817_21231761.jpg



d0026817_2058148.jpg



d0026817_20581757.jpg


こちらは、善徳女王、イサンのセットに使われたようです。
d0026817_20583741.jpg



d0026817_20585185.jpg


建物が占める敷地は約1万5000坪といいますから、その建物の数は無数、
こちら一帯は朱蒙のセットに使われたようです。
こちらの藁葺屋根?はかなり古そう。崩れかけていました。
d0026817_2121277.jpg



d0026817_2126197.jpg



d0026817_2122935.jpg



d0026817_2124162.jpg


敷地が広く坂道や階段もあり結構きついです。
3時間の滞在予定時間は長いと思いましたが、正解でした。
1話ごとに映画を思わせるようなスケールの大きさで韓国の史劇は面白い。
by cosumosu52 | 2013-11-15 21:15 | 韓国旅行

安城・ソイル農園・・・2

松里(ソルリ)で食事

農園で作られたコチュジャンや味噌、醤油、清麹醤といった各種伝統調味料を使用した、
素朴な韓国家庭料理をいただきました。
d0026817_1958277.jpg



ソイル農園を設立したソ・ブンレさん
d0026817_20191235.jpg




d0026817_2019296.jpg



広々とした店内
d0026817_20193921.jpg



私たちは奥の部屋で韓国の伝統食文化に触れながら和気藹々とお食事。
この皿数を見てください。そしてリーズナブル。
d0026817_20222639.jpg


ここは体験学習室

d0026817_2037919.jpg



ドラマ「神々の晩餐」でも何度もこの場所が登場します。
d0026817_20372315.jpg



幼稚園児も体験学習に来ていました。こんなに小さい子どもに分かるのかな。
d0026817_20374196.jpg



紅葉したツタが綺麗
d0026817_20443689.jpg



松里の建物をツタが覆っていました
d0026817_20445080.jpg

by cosumosu52 | 2013-11-13 20:51 | 韓国旅行

安城・ソイル農園

3日目
ソイル農園で一番の見どころは、何と言っても「甕が置かれた場所」を意味する「チャンドッテ」。
3万坪という広大な農園内には、2,000個以上の甕(カメ)や、自家製調味料を使った料理が食べられる食事処「松里(ソルリ)」、
梅や梨の果樹園があるほか、体験学習場や散策路も整備され、韓国各地から観光客が訪れます。
韓国映画「食客」やドラマ「神々の晩餐」などの撮影現場となったところでもあります。
d0026817_2014417.jpg


壺は全て全羅道産の100年以上経っているものを使用。
伝統甕がこのように大規模に並ぶ光景は韓国国内でも珍しいようです。
伝統調味料が入った甕は地上だけでなく地下にも1,000個ほど眠っているのだとか。
d0026817_2016267.jpg


甕の蓋が微妙に違います。
甕の中には農園で生産されたコチュジャンや味噌、
醤油やチャンアチ(漬物)が実際に入っていて、陽の光を浴びながら
ゆっくりと熟成を進めています。
d0026817_20164010.jpg




白い布状の蓋の周りはレースが一回り縫い付けてあり、ちょっと感動。蓋なのに・・・
d0026817_201709.jpg




d0026817_20215375.jpg


チャンドッテの一角には、地下150mの岩盤水を汲み上げた井戸
「石蓮井(ソギョンジョン)」があります。伝統調味料作りにも、
この清らかな岩盤水が使用されています。
d0026817_2022618.jpg



もみじが色づき、竹とんぼのような種が沢山ついていました。
d0026817_2041338.jpg

by cosumosu52 | 2013-11-10 20:58 | 韓国旅行

韓国の結婚式

韓国の結婚式に出席してきました。
新郎は日本人、新婦は韓国人の美男美女、とても素敵なカップルでした。
期間限定写真でした。




挙式、披露宴が済むと、韓服に着替えて「幣帛(ペベク)」が行われました。
花嫁が初めて嫁ぎ先の家族に挨拶する場となる幣帛は、
礼節とともに家族関係を重んじる韓国ならではの婚礼儀式です。
幣帛(ペベク)は放送で案内があり、参列者も見ることが出来ます。
期間限定写真でした。



食事はお祝い餅やジョンなどが並び、美味しくいただきました。


d0026817_20473746.jpg




結婚式が終わり、2時からは専門大学で日本語を勉強されている社会人の学生さんとの交流会がありました。

短い作文を添削して頂き、発音の指導も受けました。

皆さん熱心に勉強されており、刺激を受けてきました。 

その後は一緒に食事会。 しゃぶしゃぶでしたが、野菜も沢山いただき、満腹でほろ酔い気分、

楽しい交流会でした。

d0026817_1732674.jpg

by cosumosu52 | 2013-11-07 21:43 | 韓国旅行

徳寿宮の紅葉

徳寿宮・・・王の兄が住んでいた邸宅で、避難先から戻ってきた王が臨時の王宮として使用したり、
       200年以上もの間主人不在の王宮だったり、
       また大火災に見舞われたりと、なにかと波瀾万丈な、
       朝鮮王朝の歴史を語る上で欠かすことが出来ない元王宮。 ソウルナビ参照

正門
d0026817_16561971.jpg



昔御堂・・・数ある建物の中で印象に残りました。「昔、王がいらした家」を意味します。

韓国では珍しい彩色が施されていない民間風の建物。
日本の建物のような風情がありました。


d0026817_16302733.jpg



d0026817_1625433.jpg



d0026817_1626131.jpg



d0026817_16262117.jpg



d0026817_16281254.jpg


紅葉は始まったばかり
d0026817_16283865.jpg


木陰で一休み
d0026817_172345.jpg



d0026817_16285049.jpg

by cosumosu52 | 2013-11-04 07:10 | 韓国旅行

徳寿宮とトルダムキル

支庁の向かいにある徳寿宮。
徳寿宮 大漢門 王宮守門将交代式
11時から始まる交代式の準備中。時間の都合で見られませんでした。
d0026817_1537913.jpg

徳寿宮前の大通り。現代と昔が融合しているところです。

d0026817_15234099.jpg



徳寿宮トルダムキル
d0026817_1550355.jpg


面白い。人間が上から押しつぶされている1メートル足らずの像です。
d0026817_15502246.jpg


ここにも芸術的な・・
d0026817_15503897.jpg



d0026817_1550524.jpg



d0026817_1552569.jpg


石塀のツタが真っ赤に色づいたら、綺麗でしょうね。
d0026817_15574845.jpg


このトルダムキルが想像では紅葉しているはずでした。
d0026817_1635159.jpg

by cosumosu52 | 2013-11-03 16:08 | 韓国旅行

北村散策

2日目・・・本日のメインイベントの結婚式は12時、式場のホテル集合は11時だったので
      それまでは自由時間。

いつものように、一人歩きをしてきました。
ソウルの紅葉はまだ少し早く、色づき始めといったところ。

行先は徳寿宮そばのトルダムギル(石垣通り)。
ここは全長1キロ足らずで、1時間もあれば十分写真も撮れる。

その前に北村八景でも見に行こうか・・・ということで宿泊先の北村韓屋マウルから
歩きはじめた。
北村八景のうち、見たいところは四景と八景。

方向音痴だから、早速道に迷ってしまった。道行く人に尋ねるが、地図は日本語、
韓国語で聞くが通じない。(_ _|||)

結局目的の八景には行けず、三清洞通りを歩いておしまい。

子供の頃、こんな遊びをしましたね。懐かしい
d0026817_14381637.jpg


ソウル教育博物館の石塀。木々は色づき初めで、銀杏はまだ青かった。
d0026817_143999.jpg



レトロとハイセンスな雰囲気の三清路
d0026817_1450851.jpg


この右側、奥が8景のある岩盤階段道一帯らしいが、目的の8景は見つからなかった。
d0026817_14502397.jpg



d0026817_14504056.jpg


諦めて、市内バスに乗り、徳寿宮のある支庁駅に向かう。
初めてのバス。右側に景福宮の石塀がみえます。

d0026817_14565451.jpg

T-money カードが便利で地下鉄、バスはこのカード型乗車券を使いました。
日本の乗り物は子供は大人の半額ですが、韓国では子供、青少年、一般の料金制になっていました。
こんな、発見も面白いです。
by cosumosu52 | 2013-11-02 21:06 | 韓国旅行

韓江遊覧船

韓国に行ってきました。10/26~10/29日

盛り沢山の韓国旅行で、引率してくださった韓国語の先生のお蔭で
とても充実した楽しい旅になりました。

1日目の早朝は台風がかすめた日で、羽田までの高速バスや新幹線乗車の
人達はそれぞれ心配しましたが、無事に羽田到着。 羽田12:20分発→金浦14時35分着



ツアーではないので、メインの韓国語勉強会や観光以外は自由行動で過ごしました。
メモもしないで4日間を過ごしたので、思い出すのが大変。

1日目・・・宿泊先は北村の韓屋マウル。
      7時、韓江遊覧船チケット売り場集合。それまでは自由行動。


「ライブ遊覧船」
 この日は花火も上がり盛り上がりました。

d0026817_134556.jpg


左手に63ビル。全長264m、地上60階、地下3階からなる超高層ビルで、
最上階である60階が展望台になっていて、汝矣島のシンボルになっています。
d0026817_13491257.jpg


元暁大橋と後方にビル群
d0026817_14244426.jpg


麻浦大橋のライトが水面に反射する
d0026817_1424792.jpg


盤浦大橋から吹き出る月光レインボー噴水
d0026817_145380.jpg


レインボー噴水と花火
d0026817_1443240.jpg



d0026817_14114289.jpg



d0026817_1413762.jpg

by cosumosu52 | 2013-10-31 14:15 | 韓国旅行

仁寺洞 散策

3日目の朝、タクシーで仁寺洞に向かいました。
まだ、朝早いため、準備中のお店が多かったのですが、
ネット検索してみつけた素敵な食事処へ行ってみました。

路地を入ると雰囲気のある素敵なお店が立ち並んでいました。
何処のお店も雰囲気があってくつろげそうです。
今回は覗いただけで入りませんでした。

d0026817_16271912.jpg



d0026817_16265671.jpg



d0026817_16262622.jpg



d0026817_1626265.jpg



d0026817_16252819.jpg



d0026817_1625633.jpg



d0026817_16242342.jpg



d0026817_1624414.jpg


窓から、店内を覗いてみました
d0026817_16231519.jpg


まだ準備中、ここも素敵な店内です
d0026817_1622385.jpg


路地を一通り覗いて、メインストリートをぶらぶらしました。
d0026817_1622644.jpg


お~、素晴らしい! この安定感。 切り花の束を頭に乗せて、のっしのっしと歩いていました。
d0026817_1621364.jpg


メインストリートから奥まったところに素敵なブティックを見つけました。
韓国アジュンマカラーではなくて、日本人が好みそうな色合いのお店でしたが、
洋服を3着ゲット。日本のお得意さんが多いそうです。

女性はやっぱりショッピングが大好き。気に入った洋服が買えたとなればなおさらのこと。
良い気分で菊花茶を頂きました。とても良い香りで美味しかった。
d0026817_16205390.jpg


この後、東大門に向かい、引き続きショッピング。
今迄、何度来てもみつからなかった問屋街にもようやく行けました。

今回は、地下鉄、タクシーを上手に乗り継ぎ、楽しいショッピングをすることが出来ました。
夜はチンジルバンや足つぼマッサージで疲れをとり、屋台でスンデも食べました。
いろいろ体験した旅でしたが、今回は一度もぼったくりにも合わず、楽しい旅をすることが出来ました。
ちょっと自信がついた旅、一人でも来れそうな気がしました。いつか挑戦してみます。
by cosumosu52 | 2012-06-11 21:41 | 韓国旅行