<   2008年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

長瀞の紅葉 2

1回目の紅葉狩りで昼間の鮮やかな紅葉を撮りそこねたので
物好きにも又行って来ました。

川を覗き込みながら、風に舞う落ち葉を望遠で撮っていたら、
ライン下りのボートがやってきました。ラッキー!急いでレンズを交換。
平日は休みと諦めていたのに、紅葉シーズンはやっていたのでした。
d0026817_1291828.jpg


d0026817_129670.jpg

「月の石もみじ公園」・・・夜のライトアップの場所です。
d0026817_126456.jpg


d0026817_127143.jpg

これは見事な紅葉でした。真上を見上げて数枚撮りました。
d0026817_128928.jpg


d0026817_128329.jpg


d0026817_128464.jpg


d0026817_1263337.jpg


d0026817_12718100.jpg

「県立自然の博物館」・・・こちらは昨年の方が綺麗でした。
d0026817_1295896.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-28 23:50 | 紅葉 | Comments(26)

長瀞の紅葉

鎌北湖を後にして途中、都幾川町のどんぐり山のトトロを眺めながらと
回り道をしたら、只今、トトロは壊され、新しいトトロを製作中でした。
自然素材で出来た高さ5メートルくらいのトトロの人形ですが、又、日を改めて
写真を撮りに行ってきます。

回り道をしたため、長瀞に到着したのは4時少し前、
日が暮れてしまうと大急ぎで岩畳を走り、数枚撮りました。


綺麗な澄んだ空だったのになぁ
d0026817_020452.jpg

ほらね
d0026817_02333.jpg


d0026817_0272243.jpg

メインストリートには食堂やお土産やさんが建ち並んでいます
d0026817_050340.jpg


「月の石もみじ公園」 ライトアップ
甘酒を飲みながら時間をつぶし、ライトアップを見て帰って来ました。
若いカップルの多かったこと。
d0026817_1128100.jpg


d0026817_1122426.jpg


d0026817_1123818.jpg


d0026817_1133395.jpg


d0026817_1134462.jpg


d0026817_1125284.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-27 23:55 | 紅葉 | Comments(18)

鎌北湖 その2

更新が滞ってしまいました、とりこんでいました。

3連休は孫のお食い初めをしました。
子供が一生、食べ物に困らないように願い行う儀式で、「百日の祝い」ともいいます。
一汁三菜の祝い膳(鯛の尾頭付きの焼き魚.すまし汁.煮物.香のもの.赤飯)を用意し、
それに丈夫な歯が生えるようにと歯固めの小石も準備し、食べる真似事をしました。

お食い初めはお七夜、お宮参りに続き3つ目の行事、次は1歳の誕生祝い、
お餅を担がせます。上の子はお餅の重みで後ろに転んだっけ・・・
これからの成長も楽しみ、元気に育ってね♪



写真が貯まってきました、続けて更新します。

鎌北湖のつづきです。
お天気の良い日でしたので湖の周りは釣り客で賑わっていました。
暖かい陽だまりで釣り糸を垂れる人たちを見ていて、一人自分の世界に浸れて
あれもいいなぁ・・・

釣りを楽しむ人たち・・・釣り人が見えますか~
d0026817_21282859.jpg


d0026817_21223518.jpg


d0026817_21333171.jpg


d0026817_2123417.jpg


d0026817_534250.jpg


d0026817_54036.jpg


d0026817_542749.jpg


お食い初め
by cosumosu52 | 2008-11-26 23:55 | 紅葉 | Comments(12)

鎌北湖

農業用貯水池として昭和10年に完成した周囲約2Kmの人造湖です。
春は桜、夏は深緑、秋は紅葉と四季を通じて楽しめます。

鎌北湖に今年も行って来ました。ここ3年ほど毎年紅葉を見に行っていますが、
一番良い時に行ったかな。
この日は良いお天気で釣りを楽しむ人や、カメラマンで賑わっていました。

d0026817_230534.jpg


d0026817_22585446.jpg


d0026817_225356100.jpg


d0026817_2353066.jpg


d0026817_22571914.jpg


d0026817_23225284.jpg


d0026817_22575362.jpg


d0026817_23254528.jpg


d0026817_23104321.jpg


d0026817_23283364.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-21 23:29 | 紅葉 | Comments(29)

ランチ

今日は晴れたものの、午前中はいまいち青空が望めない。
長瀞に行こうか、何処にしようか・・・
紅葉の名所があちこちにあって迷うところです。

長瀞の紅葉は青空を入れたいなぁ。今日は一寸無理か!ということで
友人とランチに行くことにしました。
我が家から1時間20分ほどの距離にありますが、
秋色に染まった小高い丘の上にある茶寮でしばし至福のときを
過ごしました。

茶寮いま泉
d0026817_0474461.jpg


駐車場から玄関までは緩やかな坂を登っていきます。
d0026817_0124869.jpg


駐車場から阿佐美沼を見下ろす。
d0026817_1323550.jpg


ちらしランチ・・・とても美味しかったです。
d0026817_0341138.jpg


窓から眺める景色も素晴らしいです。
d0026817_013317.jpg


帰路は一寸遠回りをして、渡良瀬渓谷の紅葉を眺めながら帰ってきました。
d0026817_0144679.jpg



d0026817_1135772.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-19 00:40 | 紅葉 | Comments(29)

伊香保温泉街の紅葉

日本の名湯・伊香保温泉の源泉近く、湯沢川にかかる河鹿橋は、
紅葉の名所として知られています。
良いお天気、汗ばむほどの陽気でした。

河鹿橋の紅葉
d0026817_2325241.jpg


d0026817_23281613.jpg


d0026817_23282918.jpg


d0026817_23322980.jpg


d0026817_23325055.jpg


d0026817_23332292.jpg


伊香保温泉石段街
伊香保温泉街のメインストリート。
石段の両脇に温泉旅館やお土産やが並び温泉情緒たっぷり。
d0026817_23584951.jpg


d0026817_0153497.jpg

石段街を登りつめた場所に伊香保神社があり、伊香保のシンボルとして信仰されています。
祭神は温泉・医療の神様です。
d0026817_23544332.jpg


d0026817_0711100.jpg

徳冨蘆花の小説「不如帰」の舞台にもなり、
石段の途中には与謝野晶子の「伊香保の街」の詩が刻まれています。
d0026817_23551070.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-17 23:46 | 紅葉 | Comments(18)

船尾滝 2

駐車場に車を置いて立て看板を見ると、滝まで歩いて25分とのこと。
道路は舗装してあって、緩やかに見える上り坂は歩き出すと結構きつい。
薄暗く、ところどころに「熊出没注意」の立て札が掛かっています。
熊が出たらどうしよう。死んだふり、三脚を振り回す、あほな事を考えながら
はぁはぁぜぇぜぇ、途中何度も休みながら登りました。

しばらく歩くと、視界にもみじの紅葉が見えてきました。
陽に輝いて綺麗です。
d0026817_231872.jpg

「熊出没注意」・・・脅かさないでよ、恐いじゃない!!
d0026817_2319783.jpg


d0026817_23185084.jpg


d0026817_23181918.jpg


d0026817_23183263.jpg

お花が咲いているかのようですが、何かの綿毛でした
d0026817_23191944.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-16 23:43 | 紅葉 | Comments(20)

紅葉狩りが始まりました

船尾滝 11/13

伊香保温泉に通ずる道路、水沢観音より手前ですが、わき道を少し入って行きます。
船尾滝の駐車場までは眺めの良い整備された道路ですが、
駐車場から滝までの山道は大分荒れています。歩いて25分の山道はきつかったです。

落差60メートル
d0026817_020324.jpg


d0026817_0244195.jpg

下流の流れ
d0026817_0352717.jpg


d0026817_0392821.jpg

紅葉に埋もれた船尾像
d0026817_0171290.jpg

途中の道路から市街が一望できます
d0026817_1125211.jpg


夕日11/14
by cosumosu52 | 2008-11-15 23:44 | 紅葉 | Comments(10)

夕暮れに輝く草花

紅葉狩りが始まってしまい、
先月の末に撮ったのですが、続きを更新しそびれました。

d0026817_1365011.jpg


d0026817_1464676.jpg


d0026817_25277.jpg


d0026817_138865.jpg


d0026817_2022100.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-15 23:32 | 群馬フラワーパーク

久保田一竹美術館 

河口湖のほとり、「人と自然と芸術」の三位一体をテーマに「一竹辻が花」の創始者久保田一竹が
自身の集大成として建築した美術館です。
桃山時代に花開き、江戸時代初期、忽然と姿を消した染物「辻が花」。
この幻ともいえる染物を現代の感覚と新たな技法で甦らせた久保田一竹。

雄大な富士山に満足して、最後は芸術の秋に相応しい久保田一竹美術館に行きました。
その素晴らしい作品の数々に感動でした。
右側の建物は新館で一竹コレクション、蜻蛉玉ギャラリーとミュージアムショップで、
奥の松林の中に本館・作品展示室があります。
d0026817_2152480.jpg

本館
d0026817_3121245.jpg


もちろん作品は撮影禁止ですが、パンフレットからご紹介します。
このような素晴らしい着物が展示してあります。絞りの着物なのです。
気の遠くなるような細かい作業の連続で、染め上げていくんですね。

12月30日~1月/2日まで松屋銀座8階で「はな」に魅せられた二人、
久保田一竹(辻が花)と川崎景太展(マミフラワー)が開催されます。

これは絶対お薦めですが、年末年始の忙しい時期ですね。
d0026817_152128.jpg



館内の庭園を散策、紅葉真っ盛りでした。
d0026817_224558.jpg


d0026817_2514764.jpg


d0026817_2255932.jpg


d0026817_2264114.jpg

by cosumosu52 | 2008-11-14 06:41 | | Comments(20)