<   2009年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

六義園の枝垂桜・・・さくら2009-2

27日の金曜日、孫の子守を頼まれて娘のところに行って来ました。
娘のお出掛けは夕方から、それまでに家に到着すればよいので
早めに行って都内のお花見を楽しみました。

千鳥が淵のお花見を楽しみにしていたのですが、このはな冷えで
開花が進まず、ネット検索すると、六義園と小石川後楽園の枝垂桜が
満開ということで見てきました。


六義園のメインシンボルである薄紅色のしだれ桜はまさに満開。
カメラを構える人たちで埋まっていました。
樹齢60年とまだ若木のようですが、立派な貫禄
その存在感には圧倒されます。


人の頭を入れずに撮るとこんな感じです。
d0026817_20174652.jpg

人の入らない全景は9時開門と同時に入らないとだめかな。
d0026817_20265013.jpg


d0026817_20313626.jpg

反対側に周り、空を見上げて撮りました。
d0026817_20191287.jpg


d0026817_20211045.jpg


d0026817_20212340.jpg


d0026817_20215823.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-29 20:22 | | Comments(30)

カタクリ・神川町神泉(飯盛山)

当地近辺にはあちこちにカタクリの群生地があります。
又行って来ました。
小川のカタクリよりも素朴なイメージでした。
人影は少なく、ゆっくり撮影できました。

広い斜面にたったの2輪だけでしたが、珍しい白花も咲いていました。
d0026817_1313895.jpg


d0026817_1561285.jpg

ミツバチが飛び交っていて蕾の先に止まりました。
d0026817_1322168.jpg

以前はマクロで大きく撮っていましたが、最近はこんな撮り方が多いです。
70-200ミリレンズにコンバージョンレンズをつけてようやくこの大きさです。
d0026817_1355173.jpg


d0026817_1402549.jpg


d0026817_1362925.jpg


d0026817_1402969.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-27 07:43 | 山野草 | Comments(36)

慈眼寺(高崎市)の枝垂桜・・・さくら2009-1

桜の開花宣言があちこちで聞かれるこのごろですが、
花冷えで足踏み状態でしょうか。
こんな年は桜の花を長いこと楽しめそうです。

慈眼寺の枝垂桜
彼岸桜系のしだれ桜が約50本あり、そのうちの樹齢250年の少将桜(夜泣き桜)が有名とか。

夜泣き桜・・・享保(1716~1735)の頃、前橋城主酒井阿波守の献上された一本の桜は何年も花をつけず、
        夜になると「慈眼寺に帰りたい」と泣きながら少将阿波守の夢枕に立ちました。
        哀れに思って寺に帰したところ、元のように元気に花を咲かせるようになったというお話です。

d0026817_128768.jpg


d0026817_1283621.jpg


d0026817_1282788.jpg


d0026817_1274141.jpg


d0026817_1275641.jpg


d0026817_1313227.jpg


d0026817_129483.jpg

長興寺の枝垂桜
例年、お彼岸の頃が見頃となるのですが、24日は5部咲きくらいでした。

d0026817_1185229.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-25 23:58 | | Comments(18)

小川町 カタクリの里

小川の西光寺の裏、仙元山北斜面一帯にカタクリの群生地があります。
昨夜からの強風が一向に止まず、吹き飛ばされそうでした。
片栗の花が揺れるゆれる、どうにも落ち着かなくて早々に退散。

d0026817_2221217.jpg


d0026817_2264591.jpg


d0026817_2371711.jpg


d0026817_230063.jpg


d0026817_2442499.jpg


d0026817_2353224.jpg


d0026817_244189.jpg


d0026817_235454.jpg


d0026817_2284739.jpg


数日前から、喉が痛い。今年2度目、それもつい先日、掛かりつけの病院で治ったばかりなのに。
今朝は唾を飲み込むのにも痛くて今度は耳鼻科に行ってみました。
風邪ではなくてアレルギー性鼻炎からきているものだという。

内科にかかると内科的診断になり、耳鼻科にかかると耳鼻咽喉科的診断になるのだなぁ。
それで自己診断してみました(笑)風邪気味だというには違いないのですが、
副鼻腔炎(ネット検索)らしい症状を先に治さなくてはだめなのだな。
昨年の暮れも風邪で1ヶ月くらい声が出なかった、又繰り返す喉の症状、今度はしっかり治しましょう。

月曜日ということもあって待合室はごった返していました。
1歳くらいの赤ちゃんがママに連れられてソファーで順番待ちをしていましたが、
年配の女性たちの赤ちゃんに向ける視線が皆にこやかで表情がよかったのです。
みんないい顔しているなぁ・・
こちらまでいい気分になりましたが、この話をしてみたかったのでしたが・・・長くなりました。
by cosumosu52 | 2009-03-23 11:57 | 山野草 | Comments(30)

春を待ちわびて・・・

君子蘭・・・昨年、友人から君子蘭の大きな鉢を2つ貰いました。
花茎が3本出て1つの茎から20個くらいの花を咲かせています。
二階の暖かい部屋で見事に咲き誇っています。
d0026817_21243249.jpg


d0026817_17235425.jpg


桜草・・・これも頂き物、花びらが痛んでいたのですが、大分綺麗になってきました。これからが楽しみ♪
d0026817_21254441.jpg


沈丁花・・・30年物ですが鉢植えなので育ちません。
d0026817_21354663.jpg


キルタンサス・・・蕾が見えてから花開くまで日数が大分掛かりました。次々と咲き出しました。
d0026817_21275330.jpg


ヒメフウロ・・・冬の少しの間だけお休みして、あとは殆ど咲き続けている可愛いお花です。
d0026817_21311398.jpg


他にも色々咲き出し、賑やかになってきました。
d0026817_17233989.jpg


d0026817_19464544.jpg


空き地ではツクシも顔を出して・・・
d0026817_21412589.jpg


ホトケノザ
d0026817_2142453.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-19 21:38 | 我が家の庭から | Comments(24)

春に3日の晴れ間なし

雨が良く降りますね。めまぐるしく変わるお天気です。
午前中は雨、雨上がりの午後は北風が強くて寒い1日でした。

一雨ごとの暖かさといいますが、九州では桜の開花宣言も出ました。
桜の季節ももうすぐです。

我が家の庭から

ようやく水仙が咲き出しました。
この小振りの水仙が愛らしくて好きなのです
d0026817_2252283.jpg


d0026817_214556100.jpg


d0026817_222585.jpg


クリスマスローズ・・・蕾もたくさんついて、まだしばらく楽しめそうです
d0026817_2283580.jpg

オオイヌノフグリ・・・隣の空き地で見つけましたが、ピンク色は珍しい
d0026817_21421099.jpg

オオイヌノフグリ・・・これが一般的な色
d0026817_21531815.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-14 23:41 | 我が家の庭から | Comments(31)

黒山三滝と最勝寺

吉野梅郷を12時頃出て、越生梅林を目指し出発。
こちらは食用の木が殆どで花は白、さすがに梅の産地、梅畑の多いこと。
素晴らしい景観の吉野梅郷を見た後だけに、白一色は少し物足りなさを感じました。
それでここでは写真は撮らず、黒山三滝に向かいました。

黒山三滝
越辺川(おっぺがわ)支流の三滝川に落ちる上下二段の男滝(おだき)、女滝(めだき)と、
やや下流の天狗滝の三つをいいます。
室町時代に山岳宗教修験道の拠点として開かれ、広く信仰を集めました。
昭和26年には、三滝を中心とする広い地域が県立黒山自然公園に指定されています。

男滝と女滝
d0026817_052537.jpg

渓谷にひと際目立つ赤い橋
d0026817_0524381.jpg

これは天狗滝ではありません、右の階段を登ったところにありますが、上りませんでした
d0026817_053960.jpg

岩魚の串焼きが美味しそう
d0026817_0532221.jpg


最勝寺
d0026817_040930.jpg


d0026817_118726.jpg


d0026817_1274319.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-12 23:54 | Comments(20)

吉野梅郷

青梅の吉野梅郷に行って来ました。
予報通りの好天気に恵まれ、梅は7部咲きでほぼ満開、それは見事で
目を見張るようでした。

全国の梅の名所人気投票でダントツの1位だそうですが、うなずけました。
お近くのみなさん、是非お勧めですよ~ 

d0026817_147290.jpg


d0026817_1232219.jpg


d0026817_1234128.jpg


d0026817_1443180.jpg


d0026817_1245054.jpg


d0026817_1265588.jpg


d0026817_156390.jpg


d0026817_1273810.jpg


d0026817_1275550.jpg


d0026817_1562617.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-10 23:55 | Comments(26)

鎌倉・東慶寺見学会

世界に2つしかない縁切寺、その1つである縁切寺満徳寺資料館
「東慶寺見学会」に誘われて鎌倉に行って来ました。

東慶寺

東慶寺は、近世を通じて「縁切寺(駆け込み寺)」として知られていた。
江戸時代、離婚請求権は夫の側にしか認められていなかったが、
夫と縁を切りたい女性は、当寺で3年(のち2年)の間修行をすれば離婚が認められるという
「縁切寺法」という制度があった・・・

明治36年(1903年)までは代々尼寺でしたが、現在は男僧寺に改められました。
境内には四季折々、色々な花が咲き乱れ、花の寺としても知られています。

前夜は都内は雪模様、雪景色の鎌倉を期待したのですが、
雨はすっかりあがり、午前中は良いお天気に恵まれました。

境内の梅は、今まさに満開、見頃です。
d0026817_18424981.jpg

枝垂れ梅が白壁に映えて・・・
d0026817_14012.jpg


d0026817_16481850.jpg

境内には一体何本の梅の木があるのでしょう。
d0026817_14245874.jpg


d0026817_1491570.jpg

東慶寺から、歩いて2・3分の所にある「鉢の木」にて昼食。
2時間弱かけてゆっくり味わいました。美味しかった~♪
d0026817_14102248.jpg

d0026817_18371045.jpg

d0026817_18371936.jpg


食後は付近を自由見学。

浄智寺:ミツマタが満開でした。
d0026817_14104235.jpg


東慶寺の道路を挟んだ向かいは円覚寺でしたが、次回の楽しみと致しましょう。
by cosumosu52 | 2009-03-05 14:00 | Comments(30)

セツブンソウ

両神の節分草自生地に行って来ました。
菜種梅雨でお天気と相談しながら、撮影日を待ちました。

昨日は久しぶりに朝から晴れ上がり、絶好の撮影日和。
自生地は北斜面の林の中、木漏れ日程度の陽ざしが程よいのですが、
森の妖精は背丈が低くて小さいお花です。
膝を着いて這い蹲って・・・


d0026817_21344590.jpg


d0026817_21442179.jpg


d0026817_2143121.jpg


d0026817_2151771.jpg


d0026817_21355472.jpg


d0026817_2128679.jpg


d0026817_2132543.jpg


d0026817_21345042.jpg


d0026817_21572436.jpg


d0026817_21465747.jpg


d0026817_21284068.jpg


d0026817_2129146.jpg

by cosumosu52 | 2009-03-03 21:29 | 山野草 | Comments(24)