<   2011年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イギリス旅行・・・5  3日目

ダブコテージ&ワーズワース博物館

ワーズワースが1799~1808年に住んでいた家で、彼の最盛期の作品の多くが生み出された場所。代表作「水仙の詩」もこの家で誕生した。
内部には彼のパスポートやトランクケースなどの遺品が数多く残されている。原稿や絵などは併設のワーズワース博物館に展示されている。

d0026817_22211658.jpg

前庭は小高くなっていて、ここからウィンダミア湖を眺めて暮らしたそうな。
現在は前方に家が建ってしまい見えなくなってしまった。
d0026817_222244.jpg


フォックスグローブ(別名きつねの手袋)・・・こちらでは自生のジキダリスを多くみかけました。
d0026817_22434421.jpg


玄関側の花・・・鬼百合みたいな白いお花が印象的でした。白壁の薔薇も綺麗。
d0026817_2241098.jpg


ワーズワース家のお墓
d0026817_22462814.jpg


墓地の門のぞばに、生姜入りのパン、ジンジャーブレッドを売る小さな店がありました。
d0026817_2257257.jpg


店員さんの衣装が可愛い!
d0026817_22524032.jpg


ロサイ川沿いでティータイムを楽しむ人たち。川はグラスミア湖にそそぎます。
d0026817_225628100.jpg

by cosumosu52 | 2011-06-29 23:01 | イギリス旅行

イギリス旅行・・・4  3日目

湖水地方

エジンバラを出発して湖水地方へ。バスで4時間、約240キロの旅です。
途中、見える景色はこんな景色です。

あれ、羊じゃなくて牛。撮るときは夢中で撮っていましたが、牛はここまで。
あとは羊ばかりが見えてきます。
d0026817_126656.jpg


ランチタイムです
d0026817_1464518.jpg


1369年に建てられた古い家
d0026817_1503020.jpg



いよいよ湖水地方へ
今回の旅行で一番気に入った地方です。本当に美しい景色ばかりでした。
d0026817_1543261.jpg



d0026817_155938.jpg



d0026817_1553571.jpg



d0026817_158751.jpg

by cosumosu52 | 2011-06-28 23:10 | イギリス旅行

エジンバラのホテルと食事

今回のイギリス旅行は4箇所を2連泊づつする、のんびりな行程でした。

エジンバラではホテル「ラディソン・ブル・エジンバラ」に泊まりました。
町の中にあって、なかなか素敵な部屋で気に入りました。
d0026817_151811.jpg


食事はこんなものです。好き嫌いがないので何でも食べられました。
何でも順応性があるのです。笑)
d0026817_171955.jpg



d0026817_173771.jpg

お肉の苦手な方は魚などの料理が出されました。
by cosumosu52 | 2011-06-27 23:34 | イギリス旅行

ご苦労様でした!

梅雨明け前からの猛暑でうんざりしていた気温も、今日はぐっと下がって
涼しくて助かった。
昨日から、娘たちがやってきて、今日はこんなお祝い?をしました。

d0026817_1124452.jpg


2度目の定年祝い。前回は都内○国ホテルで、今回は娘たちに来てもらって
近くの料理屋さんでお食事しました。
d0026817_1165638.jpg

長い間ご苦労様でした。
仕事のない毎日、大丈夫かなぁ・・・
ゴルフのほかにも趣味を見つけてのんびり過ごしてくださいな。
私は忙しいから一緒に遊んであげられないけど・・・笑)
by cosumosu52 | 2011-06-26 23:47 | 人物・孫

イギリス旅行・・・3  2日目

エジンバラ城
城が建つ岩山は、キャッスル・ロックといわれ、城が築かれる前から天然の要塞として利用されていた。
一番の見所はオナーズ・オブ・スコットランド(戴冠宝器)で、
宝冠、王笏、御剣は、1543年9月スターリング城で行われたスコットランド女王メアリの戴冠式で初めて使用された。
それと運命の石と呼ばれる『スクーンの石』も展示されてる。撮影禁止なのが残念。
 
d0026817_0481713.jpg


レッドライオンはスコットランドの紋章
d0026817_0483773.jpg

ワン・オクロック・ガン:日曜を除く毎日、13時にされる銃砲である。この音で市民や観光客が自分の時計の時刻あわせをする。
元々は、時計のない時代に、フォース湾を航行する船乗りたちに正確な時刻を教えるためであったという。
d0026817_14210.jpg

エジンバラ城からの眺め
d0026817_165844.jpg


午後はフリータイム
スコッチウイスキー・ヘリテージ・センターの見学
この字型にスクリーンを囲み、大勢が入場。スコッチウイスキーの歴史を説明をしてくれたらしいが、
全くちんぷんかんぷん。長かった! 
最後は、ウイスキーの試飲があり、使ったグラスはお土産に頂けました。
d0026817_1224930.jpg


その後はプリンスズ・ストリート庭園を散策したり、買い物を楽しみました。
d0026817_1255743.jpg



d0026817_1261986.jpg


実に綺麗な公園で、芝生の中に咲く、イングリッシュ・デージーが可愛かったです。
コスモスも咲いていました。
d0026817_1425327.jpg


迷子になるほど広くはない市街地なので、一人のんびりお買い物。
街で一番古いデパート(右)で孫のTシャツとスカートを買いました。バーゲンセール中で得した気分。
スコット記念塔が目立ちます。
d0026817_1342164.jpg

by cosumosu52 | 2011-06-25 00:58 | イギリス旅行

イギリス旅行・・・2

1日目(6/13)・・・成田発11:30発→ヴァージン・アトランティック航空にてロンドンへ→ロンドン着15:55(現地時間)
           ロンドン発(飛行機遅れる)→エジンバラ着、バス乗車21:30→ホテルへ

2日目・・・ホテル9時出発
さわやかに晴れ上がり、朝の空気が気持ちよい。
宿泊したラディソンホテルの前で・・・タクシーが可愛い
d0026817_2345287.jpg

エジンバラ半日市内観光
 
旧市街の東にある小高い丘・カールトンヒル・・・上はナショナル・モニュメント(アテネのパルテノン神殿を模したデザインですが、未完成のままです)
                            下段左:天文台として使われていた、中:ネルソン記念碑
d0026817_015058.jpg


カールトンヒルからの眺め・・・上は北海、島はインチキース。下、丘の上からホリールード宮殿
d0026817_027293.jpg


ホリールード宮殿
d0026817_0292664.jpg

英国王室の紋章・・・アザミはスコットランドの国花、ブルーに白のクロスはスコットランドの国旗、レッドライオンはスコットランドの紋章、
一角獣(ユニコーン)はエリザベス女王のしるし。グリーンのタータンチャックがお似合いです。
d0026817_0303676.jpg


内部見学は撮影禁止、庭園を散策。リスもお出まし。
d0026817_0393631.jpg

女王がスコットランドにいらしたときはホリールード宮殿に宿泊されます。
         
by cosumosu52 | 2011-06-24 23:48 | イギリス旅行

イギリス旅行・・・1

「歴史と伝統が薫るイギリスの旅10日間」
6月13日~6月22日までの10日間、イギリスに行ってきました。

湖水地方やコッツウォルズはまるでメルヘンの世界、ホテルも素晴らしく、
食事はあまり期待はしてなかったけれど、これまた美味しかった。

楽しい旅行が終わって、今は現実の世界に引き戻されてしまいました。

今朝は6時頃起床のつもりが、なんと11時でした。びっくりしました。
お陰で時差ぼけはほぼ解消され、写真の整理が始まりました。

沢山撮ってきたので、順にUPしていきますが、何日も引きずりそうです。

ひとまず、大雑把にこんなところに行ってきました。

エジンバラ
エジンバラ城から旧市街を望む
d0026817_0271758.jpg

プリンスズ・ストリート庭園からキャッスル・ロックの上に建つたエジンバラ城を見上げる
d0026817_0273939.jpg

湖水地方
ウィンダミア湖の湖上遊覧
d0026817_02807.jpg

どこまでも続く癒しの風景です
d0026817_028469.jpg


コッツウォルズ
「英国で最も美しい村」とウィリアム・モリスに賞賛されたバイブリー
d0026817_0294961.jpg

コーン川には白鳥の親子が・・・
d0026817_030279.jpg

ホテルの周りを早朝散歩
d0026817_1252797.jpg

ロンドン
王室騎兵隊 ライフガーズの行進・・・見られないと思っていたので興奮して涙がでそうでした、うれしかった!
d0026817_0303025.jpg

テムズ川からのぞむビックベン(手前はウェストミンスターブリッジ)
d0026817_0304515.jpg

タワーブリッジ、後方のロンドンタワーは工事中
d0026817_0305839.jpg

ロンドンアイ
d0026817_118645.jpg

今回はほんの一部ですが素晴らしい景色ばかりでした。
イギリス旅行記、しばらく続きます。
by cosumosu52 | 2011-06-23 23:31 | イギリス旅行

庭の花

ミニ薔薇が咲き始めました。
白とその奥に、赤のミニ薔薇が沢山の蕾を付けています。
d0026817_015161.jpg


紫色のホタルブクロ?・・・数年前に買い求めたときには、ホタルブクロとは書いてありませんでした。でもホタルブクロにそっくり。
                何というお花かな。名前を忘れました。
赤い花はキョウカノコ・・・今年はうどん粉病にもならず、鮮やかな花色で元気に咲いています。
d0026817_043577.jpg



その他
d0026817_0105557.jpg

明日から、しばらくの間留守にします。
by cosumosu52 | 2011-06-12 23:58 | 我が家の庭から

マッサージ

ここのところ出かけてばかりで疲れが出たのか、肩こりがひどく
昨日はマッサージに行ってきました。

生まれてこの方2度目、空いていて一人だったらどうしよう、
どんな人がしてくれるのかな?

不安ではあったけれど、それでも行きたい。そのくらい体中が重くて凝っている感じでした。
d0026817_03496.jpg


問診表に肩こりと書いて、マッサージをしてもらいたいところにマルをして順番を待ちました。
d0026817_0133262.jpg


按ずるほどのことはなく、私に付いたマッサージ師は若い女性でした。
d0026817_015356.jpg


全身を指圧やマッサージをしてもらい、幾分軽い感じにはなったけれど
d0026817_2203352.jpg


一日たった今日も肩こりは治らない、何回か通わないとだめなのかな?
d0026817_2214137.jpg


数日後から長旅を控えている。体が持つかな・・・
d0026817_2223862.jpg


庭では白、ピンク、紫色のホタルブクロが咲き誇っています。
d0026817_2392686.jpg

by cosumosu52 | 2011-06-09 23:42 | 我が家の庭から

少女時代コンサート 6/4

少女時代の追加公演 チケットが当たり、孫とコンサートに行ってきました。

小2のyokoは少女時代のファンで、一時「Gee」の歌をダンス入りで夢中で歌っていました。
その後、韓国語で歌ったり、2歳のayaまで「Genie」の”お呼びですか~♪”なんて歌っています。

チケットは電子チケット
d0026817_0355914.jpg


チケットボードからの注意事項
※ 本先行予約では、ケータイ電子チケットのみの販売となるため、携帯電話をお持ちでない方はお申込みできません
※ ご購入にあたり、チケット1枚につき1台の携帯電話が必要です

携帯にQRコードをダウンロードした電子チケットですが、
yokoの分は爺じの携帯にダウンロードして持って行きました。
会場入り口で読み取り機にかざして、入場となります。びっくりな時代です。

入り口でペンライトと少女時代の写真入クリアファイルを貰いました。
d0026817_0461747.jpg


もちろん撮影禁止ですから、画像はありませんが、
「お呼びですか~」と「Genie」の歌から始まりました。
アリーナ席中央の舞台にライトが当たると、ペンライトと共に会場から一斉に歓声が上がりました。
ピンク色のペンライトの明かりが美しい。感動! 舞台装置もライトも素晴らしかった。
会場は始めから総立ちで、休憩なしの3時間、歌いっぱなしの踊りっぱなし、
若いとは言え、少女時代の皆さん、体がよく持つものです。

5時から始まり、終了は8時、出口ではこんな嬉しいサービスがありました。
ペンライトを振ってのりのりのyokoは一気に飲み干していました。

d0026817_1181126.jpg


5日には公演中、メンバーの一人が倒れ病院に搬送されたとか。
幸い、アンコール前には舞台に戻ることが出来たようですが、
高いヒールを履き、あの細い体でダンスを踊りながら歌いっぱなし・・・毎回疲労困憊でしょう。

初めての日本ツアーは、5月31日の大阪城ホールを皮切りに、7月18日の福岡での最終公演まで、東京など全国6都市で14回公演。
かなりの強行スケジュールです、随分稼がされますね。可哀想ー

少女時代の皆さんありがとう!素晴らしいコンサートでした。
孫とコンサートに行けるなんて何と幸せな婆ばでしょう。
yokoの良い思い出になってくれると嬉しいですが・・・
出掛けに「ayaちゃんも少女時代 行く~」と言って泣き叫んでいたaya、もう少し大きくなったら一緒に行こうね♪

More
by cosumosu52 | 2011-06-07 00:00 | 人物・孫